サイトトップ>フードプロセッサー>Cuisinart プレミア プレップ 7 フードプロセッサー DLC2007J
Cuisinart プレミア プレップ 7 フードプロセッサー DLC2007J 人気ランキング : 41306位
定価 : ¥ 44,100
販売元 :Cuisinart (クイジナート)
発売日 :
発送可能時期 :
価格 :

フードプロセッサーの代名詞、クイジナート社の丸みを帯びたデザインが愛らしいパワフルな上位機種フードプロセッサー。薄切り、練り、細切り、刻みのすべての下ごしらえがこの1台で簡単にできる。本体の安定性が増し、パンやピザ生地をこねても振動しにくくなっている。
耐久性にすぐれ、パワフルなインダクションモーターを採用。熱を持ちにくいので、素材の風味を損なわない。ワークボールは強化プラスチック製。ガラス製に比べて軽くて割れにくく丈夫だ。プッシャーが使いやすいように改良され、セットが簡単。小さな食材はプッシャースリーブから、大きな食材は広口フィードチューブからラクに投入できる。3段階安全構造で、どこかが開いた状態では決してスイッチが入らないようになっている。重量は5.4キロとかなり重い。(中村真紀子)

買ってよかった!

クイジナートのフードプロセッサーは私の長年の憧れでした。お値段が高いのでずっと悩んでいましたが、買った今ではなぜもっと早く買っておかなかったのだろうと後悔しています。実はクラシックモデルのデザインが好きだったのでこちらのプレミアシリーズとどちらにしようか迷ったのですが、プレミアシリーズのほうがモーターの性能がよくなり(振動も減り、音も静かになったそうです)、カバーの扱いが簡単にできるようになったと知り、迷わずこちらにしました。
ただ、細めのキャベツの千切りや大根おろしなどがしたい方は、オプション品の1ミリスライサーやおろし金を買う必要があります。

買ってよかったと思えます。

以前から気になっていたのですが、ついに買いました。
それから3ヶ月。我が家では、ほぼ毎日活躍しています。
ハンバーグや餃子の具財作りはもちろん、アイスクリームを作ったり、スープの具材を作ったりと用途は広いですよ。しかも、実際に動かしてるのはわずか1〜2分。調理よりも洗う時間のほうが長いくらいです。といっても、材料がこびりつきにくいので、洗うのも楽チンなんですけどね。

使えます!

1年ほど迷って、やっと購入しました。本当に便利!さつまいもの裏ごしなんかも、あっという間に出来ちゃいます。今まで時間をかけ、苦労していたのが嘘のよう。簡単なレシピも付いているので、お料理が益々楽しくなりますよ♪丸形のデザインも最高です。ただ、ワーキングボウルの角が洗いにくいので星を4つにしました。

サイトトップ>フードプロセッサー>Cuisinart プレミア プレップ 7 フードプロセッサー DLC2007J
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。