サイトトップ>コーヒーメーカー>Kalita ナイスカットミル (レッド)
Kalita ナイスカットミル (レッド) 人気ランキング : 9426位
定価 : ¥ 25,725
販売元 :Kalita (カリタ)
発売日 :
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 18,833

「ミルで豆を挽く」ことは、コーヒーへのこだわりの第一歩であると同時に、毎日の儀式としてずっと続けられるものでもある。だからこそ、それを使うことが「楽しみ」になるようでなければ、コーヒー好きのためのミルとは言えないだろう。
その点、本製品は、なんともシブいそのルックスからして、大きな満足感を与えてくれる。本格的なのは見た目だけではない。切れ味の鋭い耐久性に優れた刃を低速に回すことで、しっかり挽きつつも豆への加熱は最小限に留めるというその性能も、特筆すべきものだ。
毎朝のコーヒーを淹れるのが楽しくなるのはもちろん、キッチンカウンターにさりげなく置いておけば、来客があったときにさりげなくコーヒー党ぶりをアピールできるという、副次的な効果も期待できそうだ。レッドとブラックの2色から。(櫻田もんがい)

Amazon で買ったんじゃないですがね (^^ゞ

既に10年近く、ほぼ毎日1杯分を挽いて使っていますが、へたる様子も全くなく、エスプレッソ用の超ファインが出来ないこと、付属の粉受け容器の問題を除けば、文句の付けようのない逸品ですね。
確かに困ったチャンの粉受け容器のピンチヒッターとして一番のお薦めは100円ショップのステンレスマグカップです。なんせ105円ですから。(爆)それとサイズが色々ありますから、選ぶ楽しみもありまっせ。ただ高さは80mm?90mmが良いでしょう。私は、使わないときにひっくり返して粉受け位置に収納するので、高さ83mmを使っていますが、粉が飛ばないようにということでは径が小さめで高さ90mmがよろしいかと思います。

使用しています。

粉が出るところに粉が付くのですがアイスコーヒーで使う深炒の豆が結構つくかな。
僕は始めから付いているプラスチックの容器を使わずにホーローとかのカップを使っています。それは一日にけっこうコーヒーを飲むので使用頻度が多い(一日5回以上)のです。いちいちプラスチックの容器を付けるのがめんどくさいのです。今で4年ぐらい使用していますが壊れた事もありません。いい商品だと思います。

使ってみると…わかる

 コーヒーミルは仕事で使っていましたので、その良さが解っていたつもりでした。
このミルにした訳はKalitaは有名だし、あまり安いと刃の部分が壊れるのではないかと考え、このモデルにしました。つまりセミプロが使っても大丈夫そう、という理由から。
 このミルは豆を挽くといつでも新鮮で、お湯を入れるとふわっと盛り上がる。仕事で使っていたモデルに近いので解っていたことです。少々残念なことは出口が横にあるため健常者ならコーヒーをサーバーにいれるとき簡単によけることが出来るのに、私は片麻痺のため、ふたをよけることが出来ないのでいつもコーヒーと共にふたを入れてしまうことです。ちゃんと健常者がついていたら別ですが…

味が全く違うのです

欠点に関しては、皆さんがすでにお書きになっているので、味のことを書きましょう。
いままで、円筒形の小型のもの、外国製の色のきれいなミル式も持っていましたが、
このミルを買って比べると、全然味が違います。味にとがったところがなくなり、
すこし甘い感じがします。また、香りもよく。最高です。この粉を手間がかかりますが、
ドリップで入れると下手な喫茶店より味がよくなりますよ。(おいしい喫茶店には負ける
という意味でもあります。)それに、冷えてもおいしく飲めるのが、全然違うのです。
それで、最近は全くコーヒーメーカーは使わなくなりました。ちょっと高いかも知れませんが、
それだけの価値はありますよ。

エスプレッソには使えない

本格的な形で購入したが、最も細かいはずの目盛り1でも荒く、ザラザラ。エスプレッソには使えない。しかも静電気で受け口周りが粉だらけ、粉受けを外すとドサッと残渣が落ちてきて周囲が粉だらけ。常に掃除機を必要とする。結局、お飾りです。

サイトトップ>コーヒーメーカー>Kalita ナイスカットミル (レッド)
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。