サイトトップ>コーヒーメーカー>DeLonghi KG100 (コーン式グラインダー)
DeLonghi KG100 (コーン式グラインダー) 人気ランキング : 23883位
定価 : ¥ 19,801
販売元 :DeLonghi (デロンギ)
発売日 :
発送可能時期 :
価格 :

コーヒーグラインダーとは、コーヒー豆を挽くための機械。イタリアのメーカー、デロンギのこのコーヒーグラインダーの一番のウリは、毎分約700回の「低速回転」。えっ、低速なほうがいいの? と驚く人もいるかもしれないが、高速なグラインドでは摩擦熱が発生してしまい、せっかくのコーヒーの風味や香りが失われてしまうのだ。本製品は、これを「ダブル低速ギア」で実現した。さらに、挽き刃は2枚構成の「コーン式」。これによりグラインドが均一になり、挽きムラを抑えることができる。挽き具合は、エスプレッソ用の極細挽きから、ドリップコーヒー用の中挽き、バーコレーター用の粗挽きまで、13段階に調節可能。
粉がコンテナ内部に付着しないように、静電気発生防止設計にもなっている。デザイン性と実用性が一体になったすぐれ物だ。(櫻田もんがい)

操作性・品質を考えるとこの値段は法外ではない

デザイン的にも近代的喫茶店 (というかシアトル系喫茶店) に置いてありそうな感じでなかなかお洒落. 透明のドーム部分に豆を入れておいて, 横のダイヤルで駆動時間を調整するようにできている. ドリップ用ではダイヤルに書いてある数が人数に対応しているが, 他の挽き方の場合ちょっと多めにしてあげる必要性がある. また, ダイヤルが1から0にかけて動くときには作動時間が多少短く感じる. このあたりは使って慣れるしかなさそうである.
肝心の挽き具合は今のところ文句なし. 挽きムラが無いのが何よりも気持ちいい (とはいえ,挽きムラがあるのが家で挽いたという感じがあったという意味ではちょっと風情が損なわれている). まだサイフォンでしか試していないので, そのうちエスプレッソ用にも挽いて試してみたい (BAR-20なのでおそらく相性も悪くないと思う).
豆を本体に入れっぱなしという運用モデルなので, たとえばドリップとエスプレッソで豆を変えたい場合に少し困りそうである. しかしそれも豆を別の場所に貯蔵すれば解決できる問題なので, さほど大きな問題でもない. その場合には必要量だけ豆のまま入れて, ダイヤルを最大にしてすべて挽けばよい.

静電気対策

豆を挽く機能の部分は完璧なので、あえて難点について: 静電気を抑える設計にはなっているそうですが、カップを外す時の飛び散りが気になったのでカップ前面下部分と本体の目立たない部分に静電気抑制のシートを貼ったところ、ほとんど解消されました。カップから挽いた豆を移す時のまとわりつきも激減です。

コーヒーを飲むことが楽しくなります

エスプレッソ用のパウダー状から中挽きまでのグラインダーです。
粗びきを好まれる方以外には、これ一台でエスプレッソからドリップまで楽しめる優れものです。
しかし、手入れにはブラシだけでは内部までアクセスできないので、刃の付近に残ったカスをエアースプレーで飛ばさなければなりません。300g程度挽くと内部にカスが溜まりますのでコーヒーに雑味がでますので、入れの目安になると思います。

DeLonghiは、デザインがこれまたお洒落!

やっぱり、珈琲は、ひき立ての香りと味が格別です。DeLonghiは、デザインがこれまたお洒落!まるで、自分のおうちが小粋なCAFEになって、自分がバリスタになったような気分♪で楽しめそうでほんといいですよね。

1つだけ難点が

薄刃のグラインダーよりも音も静かですし、手入れも簡単で大変良い商品だと思います。ただし、これはイタリアの製品ですから、もともとエスプレッソ用に開発されたのだと思います。13段階の好みの挽き方を調節できますが、一番粗く設定してもお店で売っているペーパーフィルター用程度です。したがって、中粗挽き以上がお好きな方には向きません。その点を注意された方が良いと思います。

サイトトップ>コーヒーメーカー>DeLonghi KG100 (コーン式グラインダー)
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。