サイトトップ>コーヒーメーカー>stadler form GINA モカメーカー 2200
stadler form GINA モカメーカー        2200 人気ランキング : 29833位
定価 : ¥ 10,500
販売元 :Stadler Form (スタドラーフォーム)
発売日 :
発送可能時期 :
価格 :

日常生活に密着する物だからこそ、家電をもっとカラフルで楽しいものにしたいというコンセプトのもとで1998年に設立されたStadler Form(スタッドラーフォーム)。モデル名が人名などになっているのもユニークな、スイス生まれのブランドだ。
本製品「GINA」は、モカメーカーと銘打たれているが、要するに電気式のマニュアルエスプレッソメーカー。水と粉を入れた後にスイッチを入れ、待つこと8、9分。おいしいエスプレッソコーヒーの出来上がりだ。据え置き型のエスプレッソメーカーほど場所を取らず、手入れも簡単なのが嬉しい。
上半分が透明なポリカーボネート、下半分がステンレスのスタイリッシュなルックスがまず印象に残るが、それでいてドイツ製の堅牢な製品だから、長きに渡って活躍してくれそうだ。(櫻田もんがい)

デザインとコーヒーの味には満足

 直火式エスプレッソメーカーが電気式になったタイプ。ガスコンロで直火式エスプレッソを淹れる場合はコンロから目を離せないが、この電気式エスプレッソメーカーならできあがると同時に自動的に電気が切れるので便利。また加圧式のエスプレッソメーカーはポンプ音がうるさく感じられることもあるが、本器では蒸気が吹き出る程度で音も気にならない。肝心のコーヒーの味も上々で、ガスの使えないオフィスでエスプレッソを淹れるのに大変重宝している。
 このタイプの電気式エスプレッソメーカーはヨーロッパではもう少し多くの種類を見かけたが、電圧の違いにより日本ではそのまま使用できないのが残念。日本で簡単に入手できるのは本器とデロンギ社製の2種類だけであるように思える。デロンギの方が普及しているようだが、原理は同じなので人とちょっと変わったものが欲しいという方にはお勧めかもしれない。レビューによるとデロンギ社製は洗えない部分があるとのことだが、本器はサーバー部分・本体内部とも洗浄可能(ただしかなり面倒な部分もあるので私は普段はそこまでしない)。欠点は、保温機能がないため出来たあとは冷めやすい、それからサーバーから注ぐときにまわりやすいこと。本器には全体的には満足しているが、このまわりやすさだけはいただけないため評価を星4つとした。

サイトトップ>コーヒーメーカー>stadler form GINA モカメーカー 2200
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。