サイトトップ>コーヒーメーカー>Braun コーヒーミル KSM4
Braun コーヒーミル KSM4 人気ランキング : 18787位
定価 : ¥ 5,250
販売元 :Braun (ブラウン)
発売日 :
発送可能時期 :
価格 :

●ステンレスの2枚刃が回転してすばやくコーヒー豆を挽ける
●外側のコーヒー豆はフタの内側にあるツメによってつねに中心の刃にはね返されるので、均等にグラインドできる
●フタが完全に閉まっていないとモーターが作動しない安全装置付き
●透明なフタなので豆の挽き加減を見ながら使える
●精密設計のステンレススチール刃とパワフルな150Wモーターを採用
●コードは本体の下部にすっきり収納できる
●クリーニングブラシ兼用のスプーン付き

逆さにすれば大丈夫

豆をひいてから、逆さにして、とんとんと叩けば、ふたに粉が集まって飛び散りません。

メーカー2年保証ですが7年間使ってようやく修理に。修理センターにまだ修理部品があるということで、あと10年は使えそうです。修理代わずか2000円余り。

デザインは飽きの来ない、シンプルモダン。

お勧めです。

これが最高

エスプレッソが好きでグラインダー、ミルの類はいろいろ買った。結構高価なものも試したが、微細紛できるものは実際には少なく、掃除が面倒だったり、大きさや価格の割には期待はずれのものも多かった。ブラウンのミルは小型で安価、掃除がしやすく、微細粉にできる最高のものといえる。結局「青い鳥」はここにいました。

粉漏れ

10年以上使用したミル(ノーブランド)が壊れたので、買い替えました。
豆を入れて、SWonで蓋の間から粉が漏れだし、テーブルが粉だらけ。
ブランド倒れ。

見た目ほどでは・・・

フタと本体にわずかな隙間があるようで、とにかく粉が飛び散ります。静電気でこびりついた細かい粉も、付属のブラシではブラシ部分が小さすぎて取りにくいですねぇ。それと、本体と取り外せないので、挽いた粉をフィルターに入れるのも、メンテナンス(掃除)もやりづらいですね。スタイル、コードの収納部分も秀逸。なにより豆を挽くパワーは十分満足できるのに、以上のことで使う回数が少なくなってきて、新しいミルを購入しようかと思っています。辛口ですねぇ。

つかってみてわかること

すらっとした外観もよし、BRAUNのロゴタイプも控えめで、下方の溝に電源のコードが収納できるところなどは、いかにもブラウンらしい製品である。よっしゃ、買った!
ところが…、とにかくコーヒーの粉が散乱します。ボタンがある箇所に本体とカップ(クリアの部分)に隙間があるせいなのか、カップをはずした途端にカップについた粉がポロポロと落ちます(まぁ、そんなものかもしれませんが)。こういう点をもうちょっと練って欲しかった。ちょっとした形状の工夫でこういう点を上手く解決して欲しかったですね。

サイトトップ>コーヒーメーカー>Braun コーヒーミル KSM4
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。