サイトトップ>コーヒーメーカー>Saeco グランクレマ カプチーノ ブラック SIN 010 GCC
Saeco グランクレマ カプチーノ ブラック SIN 010 GCC 人気ランキング : 16165位
定価 : ¥ 44,100
販売元 :Saeco (サエコ)
発売日 :
発送可能時期 :
価格 :

スタイリッシュなデザインと機能が融合。きめ細かく豊かなクレマが自慢のマシン

●クレマ・フィルター・ホルダー
特許「クレマ・フィルター・ホルダー」は独特の特殊バルブの働きにより、最後まで圧力を逃さず、驚くほど厚みのあるクレマ (泡) を作り出す。一度に二杯淹れることもできる

●カプチナトーレ
特許「カプチナトーレ」は、ツマミを回すだけでキメ細かなミルクフォームを作り出す。牛乳を直接容器からチューブで吸い上げるので、手早くできて無駄がなく、しかもマシン本体から簡単に引き抜いて洗うことができる

●水タンク
水タンクはフタをあけると取っ手になり、取り外しが簡単で給水も便利

●ポッドコーヒー専用キット
付属品として、ポッドコーヒー用の専用キット付き
※ ポッドコーヒーは粉末コーヒーと一杯ずつプレスしてフィルターに包み込んだもの。鮮度が保たれており、カスの始末も簡単

簡単で良いものです。

コーヒーセミナーを受け、エスプレッソに目覚めした。
これはスタバでも扱っていますので、手軽なエスプレッソマシンとしては良いと思い購入。

実際使用してみて、美味しいエスプレッソが出来ました。
自分は、カフェポッドを使用しないのですが簡単に出来ました。
アート・オブ・エスプレッソもチャンとでました。
カプチナトーレで簡単にカプチーノも作れます。(写真とは違う形のが入ってましたが)
スタバの豆を使用してると、スタバのラテと同じ物が作れます。

で、これを使用してエスプレッソを作るのに必要な物を記述します。
・タンパー(カフェポッド使用なら要らない)
・ショットグラス(エスプレッソの適量を見る、アート・オブ・エスプレッソを見る、慣れたら要らない)

手入は楽です。
エスプレッソマシンのドリップトレイは、金属臭さを無くす為に「洗剤を使用してゴシゴシ洗わない方が良く」軽く水洗いでOKです。
水タンクは、使用しないときは水を抜いておけば良し、水入れも簡単。

ラテアートを行いたい場合は、ミルクポットに入れたミルクをスチーミングした方がいいです。
この機種では、ポット用スチームノズルが付いていませんので-1となりました。

デザイン性に優れたモダンな本体。

Saeco社の製品の中でも特にデザインに優れた日本限定モデル。
日本限定モデルで定格電流が100Vなので100%の性能を発揮できる。(ほとんどの輸入品は110V)
同社は家庭用エスプレッソマシーンでは絶大な人気を誇るメーカーで、その秘密は内蔵されているポンプにある。
このポンプは50Wの本格的なもので、安定した抽出出力を提供してくれるため、付属の「クレマ増強フィルター」なしでも十分なクレマが立つ。
ちなみメーカー保障外だが、この「クレマ増強」機構をはずして使っている人も多い。

また付属の「カプチナトーレ」は自動でミルクのあわ立て(スチーミング)をしてくれる。
本来、ミルクの泡立ては温度や液面に気をつけながら、熱い蒸気で行わなければならない手間のかかる作業なのでこの点は初心者にはありがたい。
ただし、分解掃除の手間がかかる点が-☆。
しかし大容量タンクやポンプ、デザイン性に優れたモダンな本体はGood.

サイトトップ>コーヒーメーカー>Saeco グランクレマ カプチーノ ブラック SIN 010 GCC
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。