サイトトップ>コーヒーメーカー>DeLonghi エスプレッソカプチーノメーカー EC650
DeLonghi エスプレッソカプチーノメーカー EC650 人気ランキング : 62825位
定価 : ¥ 60,800
販売元 :DeLonghi (デロンギ)
発売日 :
発送可能時期 :
価格 :

イタリアの家電メーカー、デロンギのエスプレッソマシーンの豊富なラインアップの中で、最上級機種的位置づけなのがこちらの製品。
家庭用エスプレッソマシーンとしては異色の、「2ポンプシステム」を採用している。つまり、片方のポンプでエスプレッソを入れながら、同時にもう1つのポンプでミルクの泡立てができるということだ。さらに、このミルク泡立ては、IFD(インスタント・フロス・ディスペンサー)システムにより、ミルクを入れてボタンを押すだけで可能。カプチーノ派にはたまらない機能なのだ。
肝心のエスプレッソも、業務用にひけをとらない抽出時約9気圧のポンプ圧力や、最適な温度調節を行うサーモスタットにより、おいしく入れることができる。もちろん、カフェポッドもパウダーも使用可能。従来の家庭用エスプレッソマシーンではもう満足できない、エスプレッソ上級者に最適。(櫻田もんがい)

満足しています

もう1年以上この機種を使っています。これなしの生活は考えられません。おいしいカプチーノがうちで飲める幸せ、なんともいえません。

我が家は5?6人一度にカプチーノをお出しする機会が多いので、コーヒー抽出とフォームミルクをつくる作業が同時にできる機能はたいへん助かります。購入の際に下位機種との比較検討も行いましたが、一度に何杯か抽出する機会の多いことを考え、EC650にしました。

結果大満足です。他のマシンを使ったことがないので、味のことはコメントできませんが、抽出スピードは合格ラインです。

ただ、自分ひとり用にカプチーノを入れている時には、下位機種でも十分だったろうなあと思います。

難を言うならばミルクタンクの洗浄がちょっと面倒です。ずぼらな方はミルク別立て方式のほうが手入れが楽かもしれません。

BAR51との違いについて

エスプレッソ抽出とミルクフォーマーの蒸気用のボイラーを共有するので同時に
使用することができませんでした。
EC650はIDF方式によりエスプレッソの抽出とミルクフォーマーを同時に行うことができます。
通常ミルクフォームはノズルから出る蒸気を別容器のミルクに直接当てる作り方ですが
IDFはミルクタンクに牛乳を入れボタンを押すだけできめ細かな泡立ちミルクを作ること
ができます。
同じくIDF方式のBAR-51との違い
EC650 ダブルポンプ
エスプレッソ抽出用とミルクフォーム用にそれぞれ独立した二つのボイラーとポンプ
のあるモデルです。その分、重量は重くなります。 5.9kg
BAR51 シングルポンプ+蒸気ボイラー
エスプレッソ抽出用に一つのボイラーとポンプがあり、ミルクフォーム用に蒸気ボイラー
のあるタイプのモデルです。ポンプなしで最適な蒸気圧を作りだせる為、軽くなりました。3.4kg
デザインはそれぞれ好みによりますが、重量的にも価格的にもBAR51の方が得かもしれませんね。
エスプレッソ抽出とミルクフォームを同時に行うことに価値を見出せない場合は
抽出機能に変わりはない下位の機種を選んだほうが良いでしょう。

サイトトップ>コーヒーメーカー>DeLonghi エスプレッソカプチーノメーカー EC650
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。