サイトトップ>コーヒーメーカー>ASCASO I-GRINDER コーヒーグラインダー polished aluminum
ASCASO I-GRINDER コーヒーグラインダー polished aluminum 人気ランキング : 34679位
定価 : ¥ 63,000
販売元 :ASCASO(アスカソ)
発売日 :
発送可能時期 : 通常1〜3週間以内に発送
価格 : ¥ 60,996
バリスタを目指して?

同社エスプレッソメーカーDreamと共に購入。ホッパがあり、Dreamとは正反対に思ったより大きい。外部はアルミ・インゴット(塊)そのものの頑丈さ。内部は家電を凌駕する工業製品並みのつくり。持つ喜びがある。他に類を見ないエスプレッソ専用で挽き目調整ダイアルはあるが微調整用。豆のブレンド、焙煎度合い、その日の湿度!によってメッシュを調整する。これが難しく、強焙煎の豆を最微細紛してタンピングすると、20秒で落ちてくるコーヒーは1滴!逆に弱い豆を粗くグラインドしてタンピングも弱いと黒い水が出来上がる。豆を変えようと不注意にホッパを抜くと、下から全部流れ出て400gのコーヒーを床にばら撒くハメになる。「なんちゃってバリスタ」への道は険しい。ネスプレッソ様やボダム・グラノス様の人工知能が如何に偉大であったかが解る。ところで送られてきた機種には説明にあるタイマーがついていない。外国製にありがちで、必要も無いがきっとクレームがつくだろう。

すばらしい。

エスプレッソマシンで使うコーヒーパウダーに特化したグラインダーですが、本当に均一なパウダーが挽けます。モーターの音も高音で唸るのでなく、低い回転でコーヒのアロマとか熱対策がなされている事が実感できます。400-600kg程度の豆を挽いたら歯を交換とあるので、その耐久性も納得です。安価なグラインダーだとパウダーにならないし、歯も短時間で駄目になりますから。このグラインダーで挽いたパウダーで抽出すると、20秒程度で20ccがトロトロと抽出され、理想的。作りもしっかりしていて、ガタもありません。筐体が金属製ですから、モーターの振動でブルブル本体が鳴る事も、振動も最小限です。使い方も、フィルターフォルダーを、パウダーの出口ノズルの下にして、押し付ければスイッチが入り、適量になるまで押し付けていれば良いです。自宅で使う物にしては高価(なので星満点じゃありません!)ですが、長く使っていこうと思います。

サイトトップ>コーヒーメーカー>ASCASO I-GRINDER コーヒーグラインダー polished aluminum
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。