サイトトップ>コーヒーメーカー>bodum COLOMBIA コーヒーメーカー 0.35L 1303-16
bodum COLOMBIA コーヒーメーカー 0.35L 1303-16 人気ランキング : 13931位
定価 : ¥ 10,500
販売元 :Bodum (ボダム)
発売日 :
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 10,500

ボダム社のチーフデザイナー「カースティン・ヨーゲンセン」デザインのプレス式コーヒーメーカー。淹れ方はいたって簡単。粗挽きコーヒー豆をポットに投入し、少量の熱湯で蒸らしてからさらに適量を注ぐ。抽出が終了したらプレスを押し下げてカップへ。
プレス式の利点は、量と時間さえ守れば誰でも同じように淹れることができること。ステンレス2重構造だから保温性にも優れている。
ボダム社は、創業者ピーター・ボダムの名を受け、1944年にデンマークで誕生したキッチンウエアメーカー。シンプルで洗練されたフォルムを持つ製品は、ヨーロッパをはじめ世界中で愛されている。特にコーヒー器具はスターバックスコーヒーでも採用されるなど、デザイン・機能ともに定評がある。(三井貴美子)

フレンチプレスとして

評判が悪いようなので,ちょっと援護しておきます。
(1)フレンチプレス(コーヒープレス)は好みが分かれますが,良い豆だと長所が引き出されます。甘みやコクが増すので,しっかりした味のコーヒーが好みならおすすめの淹れ方です。
(2)(外見上の)質感はこれも好みでしょう。私は安っぽいプラスチック風よりも良いと思います。ラッセルホブスの電気ケトルとぴったりですよ。
(3)臭い。これは私も改善してほしい。「使用後」ではなく,フィルター部分のシリコン(天然ゴム?)が暖まるとにおいがします。ルクルーゼのスパチュラの臭いです。ステンレス臭さはあまりありません。ただし,コーヒーに臭いが移っているわけではないようなので,注いだ瞬間は湯気からゴム臭さがありますが,コーヒーを飲んでいる時には気になりません。
(4)ガラス製のフレンチプレスと比較して明らかに優れているのは,(気温の低い冬場は特に)保温性が高いとこと。フレンチプレスは一般的に4分待ちますから,気温が低いとガラス製はかなり冷めます。
このサイズは大きめのマグカップ一杯分なので,私は気分でドリップと使い分けています。結構気に入っています。

使わん

ボダム・グラノスとピッタリのピカピカ・シュガー&クリーマー。しかし、ボダムの主力製品が柔らかいダブル・ウォールになっていくのに反して、あまりにも固い金属感。シュガーはスプーン形状がデザインに懲りすぎて使いにくい。クリーマーは使い込んで脂肪分で表面に膜ができないと臭うし、フタが落ちてカップに傷をつけた。結局、使わん。

使用後の臭いが...

ステンレス製なので破損することがないのとデザインが良いので
買いました。ただ使用後の臭いがひどく、漂白剤を使用しても
臭いは完全になくなりません。
残念ながら3回ほど使用して、お蔵入りになりました。

サイトトップ>コーヒーメーカー>bodum COLOMBIA コーヒーメーカー 0.35L 1303-16
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。