サイトトップ>コーヒーメーカー>deviceSTYLE Brunopasso ポッド エスプレッソマシン イタリアンレッド(アウタートレイ、ミルクピッチャーつき) PD-1-R PLUS
deviceSTYLE Brunopasso ポッド エスプレッソマシン イタリアンレッド(アウタートレイ、ミルクピッチャーつき) PD-1-R PLUS 人気ランキング : 9665位
定価 : オープン価格
販売元 :デバイスタイル (deviceSTYLE)
発売日 : 2007-05-01
発送可能時期 : 通常5〜9日以内に発送
価格 : ¥ 46,800

エスプレッソの楽しみ方が変わる。コーヒーの新スタイル
カフェポッドを使えば、いつでも、誰でも、本格的なエスプレッソや※カフェ・レギュラーが簡単に楽しめる。 デバイスタイルが提案するカフェポッド専用エスプレッソマシン「PD-1」。コーヒーの新スタイルがはじまる
※カフェ・レギュラーとはポッドエスプレッソマシンを使って淹れるレギュラーコーヒーのデバイスタイルの呼称です
●専用マシンでもっとおいしく
流線型の美しいフォルム。イタリア車の計器を思わせる愛らしいサーモメーター。 レトロ感覚のウッドハンドル。 そして、簡便で安全な操作を実現するプロスペック並みの機能
デバイスタイルの目指す、「デザイン」 + 「技術」の結集
●カフェポッドとは?
カフェポッドとはぴったりに焙煎され、パウダー状に挽いてあるコーヒー粉、一杯分がパックされたもの。従来のパウダーを扱うときのようなタンピングなどの作業も必要なく、また、パックをそのまま捨てるだけなので、後片付けも簡単。自宅でも、オフィスでも、飲みたいときにさっと淹れて、すぐ飲める。ヨーロッパを初め、世界共通規格で多くの種類が普及している

●簡単操作
ポッドトレイに乗せる ハンドルを押し下げる 抽出ボタンを押す サーモメーターで温度上昇がひと目でわかる
●ミルクフォームも簡単
いままでの面倒なスチームの調整は必要なし。スチームボタン(スチーム部2.5気圧)を押すだけで安定した蒸気がでます。カプチーノ、カフェ・ラテなど、エスプレッソをベースとしたアレンジコーヒーがもっと手軽につくれる

●プロ仕様
抽出用とスチーム用に「独立ダブルドライボイラー」「独立ダブルポンプ ”エスプレッソ部15気圧”と”スチーム部2.5気圧”」採用で、エスプレッソとミルクフォームの同時抽出が可能になった
●安全設計
抽出後、気圧を逃がす機構(3方向バルブ)を採用しているため、すぐにハンドルを上げてもコーヒーが飛び散らない安全設計
●簡単操作
ポッドトレイにカフェポッドを乗せて、ハンドルを引き、抽出ボタンを押すだけ。簡単操作ながら、抽出にぴったりな温度と15気圧を実現(抽出時は9気圧)。バリスタが淹れたような本格的コーヒーが楽しめる
●独立メーター
「独立ダブルサーモメーター」でエスプレッソ、スチーム、それぞれの抽出開始タイミングがひとめでわかる電源ON後、メーターがグリーン部分まで上昇してきたら準備完了
●アウタートレイ
ステンレス製で、安定感のあるしっかりしたつくり。横長に設置して使えば、スチームを使うときも周りを汚さずに済む
外形寸法: W210×H11×D414mm
●アウタートレイ
容量500ccで、充分なミルクフォームをつくることができる。最適なミルクフォームの出来上がり温度は約65度程度。ステンレス製ピッチャーなので、温度が確認しやく便利
外形寸法: Wφ88×H103mm
●カラーバリエーション:イタリアンレッド PD-1-R PLUS |  ダークブラウン PD-1-BR PLUS |  シルバー PD-1-S PLUS

私も買って良かったと思います!

実は私、ド素人もド素人なのですが
どうしても自分のウチでエスプレッソやアレンジコーヒーを飲んでみたくて
簡単というだけで買ってしまいました(^^ゞ
詳しいことは分らないので、お門違いな事を書くかもしれませんが
気に入っている点は以下の通りです。
◆ミルクフォーム?スチームミルク?がとっても簡単に素早くできます!
 今までエスプレッソマシーンを買いたくて、色々と調べたりしましたが
 結局は慣れないと(コツを掴めないと)ミルクが作れないとかあるようでした。
 でも、これは何の苦労もいらずに出来ますので、とってもお勧めです。
 "冷たいミルクを注いだピッチャーをセットするだけ"と言うような感じです。
◆浄水機能も最初から付いています(交換は別売りのカートリッジあり。3ヶ月使用可能!)
◆1.5Lの容量もあります。
◆カフェポッドはセットするだけで掃除ももっと簡単です!!
◆スイッチを入れたら30?40秒くらいで起動できますので、突然の来客があっても
 "その都度、粉を入れ替えたり掃除する"て手間や必要がなく、次々に作れ頼りになります!
◆このタイプはアウタートレイ、ミルクピッチャー付ですが、これらの付属品のないものもあります。
 (私はそっちを買いました)

難点だなぁ・・・と思ったのは
◇ミルクピッチャーが非常に高いので(7000円近くします)同じ物を交換するには戸惑います。
◇やはり前の方と同じですがあえて言えば、粉が使えないのが難点。
 (でも、ネスプレッソより全然良いし、ある意味、それよりも良心的だとさえ感じます)
以上です。

他のマシーンを使った事がないので、そもそも比べることなんて出来ないし
素人の私が言うのは本当におこがましいですが
普通のエスプレッソマシーンは、"作る過程やそのものを楽しむもの"であり
PD-1は"エスプレッソを気軽に楽しむもの"のような気がします。

これはマスターピース

>見た目はいいんですが、値段と味を比べてしまうと「特別おいしい」ということはない感じ。
>エスプレッソベースのラテを作る分にはいいですが、レギュラーも作れるという宣伝のわりには他のレギュラータイプのポッドマシンに負けている感があり。
>普段レギュラーのブラックの機会が多い人には他の製品の方がいいと思います。

と上の人は書いておりますが、このマシンは名機だと思います。 
素人でもPODでエスプレッソを作ることについて研究されたのではないでしょうか。
だいたい4万クラスでダブルボイラー(サーモブロックだけどねw)、3ウェイバルブ搭載ってのがありえないです。 
 
というか上を書いた人はエスプレッソPODマシンとレギュラーコーヒーのPODマシンを間違えたのではないのかと思います。(サンセオとかとね)
さらに味は、とてもおいしいです。(スタバがおいしいと思うなら物凄いおいしいです)
ちなみに東京マメーズ(?)からレギュラーっぽいのが抽出できるPODが出てますけど、あくまでエスプレッソマシンですからねw 
 
この機種の弱点は粉で抽出できないってことだけだと思います。

全自動と同じくらい簡単で、全自動より掃除が簡単です。
そしてはじめからおいしいエスプレッソがいただけます。(マメにもよるけどね。)
 
後は、抽出圧ですね。
ネスプレッソが2?3気圧、全自動が10気圧かからないくらいです。
しかし、この機種は設定で15気圧近くまで抽出できます。
エスプレッソはだいたい15気圧くらいで抽出するのがおいしいとされていますが家庭用マシンではなかなかむずかしのです。 
しかし、このマシンのPODホルダーは頑丈で圧がかかっても強い設計になっています。 
 
適当に書いたので文はめちゃくちゃですが、このマシンが凄いことを伝えたかったのです。

というかあまりにも不遇な扱いです。

サイトトップ>コーヒーメーカー>deviceSTYLE Brunopasso ポッド エスプレッソマシン イタリアンレッド(アウタートレイ、ミルクピッチャーつき) PD-1-R PLUS
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。